園内ガイド

展示動物紹介

ライチョウの峰 Ptarmigan Mountain

ライチョウの峰の写真

2011年4月24日にオープンした施設です。 山小屋風の建物に入ると高山帯へといざなってくれる小雪が舞うエントランスがあります。 そしてその奥にはガラスドームの大きなトンネルがあり、白山の山並みを背景に ライチョウたちの生活を間近で観察することができます。

ライチョウ Lagopus muta

スバールバルライチョウの写真

外国
語の
表記
Svalbard Ptarmigan
岩雷鸟
뇌조
分類 キジ目 ライチョウ科
分布 ユーラシア大陸・北米・日本高山帯など
保護 IUCN (LC)

季節により羽毛の色が茶褐色~白色と変化することでその名が知られたライチョウは 標高2000~3000m級の高山帯で生活しています。主に植物を食べており、冬には木の冬芽なども食べています。 足の指にも羽毛が何枚もあり、雪山を歩く時にかんじきの役目をしています。  日本においては国の特別天然記念物として手厚く保護されています。 白山では絶滅したとされていましたが、2009年以降メス1羽の生存が確認されています。  現在展示しているのは日本の高山帯に生息している亜種「ニホンライチョウ」ではなく、 一回り身体の大きな亜種「スバールバルライチョウ」であり、ノルウェーのスバールバル諸島に生息しているライチョウです。

スバールバルライチョウのオスの写真 スバールバルライチョウのメスの写真 スバールバルライチョウの足の写真

左の写真はオス、中央の写真はメス、右の写真は羽毛の生えている足の画像です。