園内ガイド

展示動物紹介

ゾウの丘 Elephant Hill

ゾウの丘の写真

陸上で生活する最も体重の重い動物といえばゾウです。ゾウにはアフリカで生活する「アフリカゾウ」と「マルミミゾウ」、アジアで生活する「アジアゾウ」がいます。 いしかわ動物園では、アジアゾウのメス「サニー」を飼育展示しています。屋外展示場には砂場や水場があり、自分で身体を掻いたり、擦り付けたりするための石柱も設置してあります。 屋外展示場に出ていない場合は、屋内で休んでいることがありますので、こちらもぜひご覧くださいね。

アジアゾウ Elephas maximus

アジアゾウの写真

外国
語の
表記
Asian Elephant
亚洲象
아시아코끼리
分類 長鼻目 ゾウ科
分布 南アジア、東南アジア
保護 国際希少野生動植物種、CITES(附属書Ⅰ)、IUCN(EN)

 ゾウは植物食であり、木の葉や枝、果実や種子などを食べています。動物園では牧草に、リンゴやバナナなどの果物や野菜などを加えて与えています。当園では1日にだいたい50kg以上もの量を与えています。
 前歯である門歯は、オスで成長と共に大きく発達し、立派な牙となります。牙はメスでは小さいか、ほとんど外に出ないものが多いようですが、中には立派な牙を持つメスもいます。
   長い鼻はとても器用で、小さな種子などもつかみ取ることができます。その巧みな動きをじっくりと観察してみるのもおもしろいですよ。 水を飲む時はその長い鼻を利用して大量に吸い上げ、口の中に流し込んで飲みます。もちろん鼻からそのまま飲むことはできません。
 身体はとても大きく、体重は3tを超えます。 妊娠すると、お母さんのお腹の中でおよそ20~23ヶ月もの長い期間を過ごして大きくなり、およそ100kgもの体重に成長してから生まれてくるのです。

ゾウの水浴びの写真 ゾウの水浴の写真 ゾウのお尻の写真

メスの「サニー」を飼育展示しています。暑い時期にはホースの水を身体全体に水をかけてあげることもあります。 屋外展示場の後部には深めのプールがあり、以前はその中に自分から入って遊ぶこともありました。