ご利用案内

2013年のおしらせ

カリフォルニアアシカの赤ちゃん愛称募集について

カリフォルニアアシカの赤ちゃんの写真平成25年7月25日に生まれたカリフォルニアアシカの赤ちゃんの愛称の募集を始めます。
●応募方法:「アシカ・アザラシたちのうみ」の室内展示場に備え付けの応募用紙に書かれている5つの候補から一つを選んで、 住所、氏名(フリガナ)、年齢(学年)、電話番号を記入のうえ、応募して下さい。
●募集期間:平成26年1月2日(木)から2月2日(日)まで。
●愛称の候補:①ビター ②カカオ ③ラスク ④ムー ⑤トイ
●愛称決定発表と命名式、賞品:平成26年2月8日(土)午前11時から「アシカ・アザラシたちのうみ」の室内展示場において、命名者の代表者1名の方を、愛称命名式に招待し、 名付け親賞として記念品を贈呈します。また同名の応募者全員から抽選で10名に参加賞として動物園無料招待券を贈呈します。

新春イベント

カピバラのユズ湯の写真 新春あそびのひろばの写真 どうぶつえん宝さがしの写真


 いしかわ動物園は、新年は1月2日(木)から営業します。また1月2日(木)と1月3日(金)の二日間は「中学生以下入園無料」です。さらに1月2日から6日にかけて、新春ならではの楽しいイベントが盛りだくさんの動物園にぜひお越しください。
 

● どうぶつえん宝さがし
3歳以上中学生以下の入園者が対象です。参加者には動物園オリジナルグッズをさし上げます。
期間:1月2日~6日
● あったかスープでお出迎え
毎日先着100名様にあったかスープをプレゼントします
場所:入口エントランス広場売店「ダン」
期間:1月2日~5日まで
● 売店ダンのお年玉プレゼント
売店ダンで1000円以上お買い上げのお客様に、いしかわ動物園の特徴がよくわかる特製DVDをもれなくプレゼント。
場所:入口エントランス広場売店「ダン」
期間:1月2日~6日まで
● 新春あそびのひろば開催
いしかわ動物園オリジナルの「羽根つき」「こま回し」「福笑い」など、お正月ならではの遊びで楽しみましょう。
場所:動物学習センター内レクチャーホール
期間:1月2日~6日まで
時間:開園時間中であればどなたでも参加できます
● カピバラのお正月
カピバラに、ユズ湯と鏡餅型の特別なエサをプレゼントします
場所:ふれあいひろば「カピバラ湯」
期間:1月2日と3日の11時から
● お正月限定「迎春干支の写真コーナー」開設
ポニーとお正月バージョンの記念写真が撮れます
場所:ふれあいひろば
期間:1月2日~6日
時間:①13:30~14:00②14:30~15:00

どうぶつたちに年賀状を送ろう

平成24年度の最優秀賞作品の写真いしかわ動物園の動物たちにも年賀状を出してみませんか。自分のお気に入りの動物に宛てた、アイデアいっぱいの作品を募集します。動物園職員による審査のうえ、1月19日には表彰式を行う予定です。またお送りいただいた年賀状は、園内の動物学習センターにて開催予定の「年賀状展」にて展示(1月15日~2月11日)いたします。なお年賀状の受付期間は、1月1日(水)から1月7日(火)までとさせていただきます。
年賀状の宛先:〒923-1222 能美市徳山町600番地 いしかわ動物園
 

冬の見どころチェック

カピバラ湯の写真 ペンギンお散歩の写真 レッサーパンダのお食事ガイドの写真"


●カピバラ湯:あたたかい湯につかるカピバラの姿に、ぜひ癒やされにきてください。
開催時間:11時から15時ごろ(土日祝)、13時から15時ごろ(平日)
開催期間:3月31日まで
●ペンギンのお散歩タイム:間近でマゼランペンギンたちを観察できるチャンスをお見逃しなく。
開催時間:13時から13時30分まで
開催期間:4月6日まで
●レッサーパンダの季節:寒くなるほど動きも活発になるんです。特にお食事ガイドの時間がおすすめです。
お食事ガイドの開催時間:13時から

干支展開催中

干支展の写真 干支展の写真 干支展の写真"


来年の干支でもある馬にちなんだ企画展を開催しています。動物園で飼育しているグレビーシマウマやポニーの紹介など、ウマに関する解説パネルや、骨格標本などを使って、わかりやすく紹介しています。さらに会場内では、福笑いや木製おもちゃ、馬のかぶり物を使って記念撮影できるコーナーなどもありますので、楽しく、遊び、学べる展示となっています。
●開催期間:平成25年12月11日(水)~平成26年1月13日(月)
●開催場所:動物学習センター展示ホール

冬の風物詩「カピバラ湯」がオープンします

カピバラ湯の写真12月7日(土)から、冬の風物詩として人気の「カピバラ湯」がオープンします。オープン初日は能美市・市観光物産協会から地元温泉の湯や柚子のプレゼントをいただき、石川県北陸新幹線開業PRマスコットキャラクターの「ひゃくまんさん」もお迎えして、華やかにオープニングイベントを行います。さらに能美柚ゆうゆう倶楽部のご協力で、ホット柚子はちみつジュースを来園者に振る舞います。そして能美市のご当地キャラクター「のみまる」や「ガノー」らも応援にかけつけてくれる予定です。
●日時:平成25年12月7日(土)、11:00~12:00頃まで
●場所:ふれあいひろば

12月1日はレストランサニーは営業します

12月1日(日)は、レストランサニーは営業します。12月1日が営業最終日になります。(通常は12月から2月の3か月間休業)

コビトカバのオスの愛称は「ヒカル」

コビトカバのオスの命名式の写真 11月1日から11月17日にかけて実施しました、コビトカバのオスの愛称募集には、935点もの応募をいただきました。今回選ばれた愛称は、5つの候補の中から326点と最も多数の応募があった「ヒカル」に決定しました。北陸新幹線金沢開業など石川県の『光』輝く未来がイメージできて、親しみやすく、呼びやすい愛称が選ばれたと思います。今後はメスの「ノゾミ」とのあいだに2世が誕生するよう、見守ってゆきたいと思います。

写真展「動物の赤ちゃん」開催中

写真展会場の写真いしかわ動物では、昨年の秋からベビーラッシュが続いていますが、そんなかわいい動物たちの姿をとらえた写真展を開催しています。
開催期間:11月20日(水)から12月9日(月)
開催場所:動物学習センター 展示ホール

冬季期間のお知らせ

● 11月1日から3月31日まで、開園時間が9:00~16:30となります(入園は16:00までです)。
● 11月1日からから3月31日まで、アシカのお食事ガイドの3回目の時間が16:30から16:00に変更となります。
● 11月6日から3月下旬頃まで、「なかよしハウス」は閉鎖となります。

年賀状用写真撮影コーナーができました

ポニーと記念写真 来年の干支の馬をデザインした顔出し看板の写真 実物大のシマウマの写真との記念写真


●ポニーといっしょに写真を撮ろう
ポニーと一緒に楽しい記念写真を撮影できるコーナーを、「ふれあいひろば」に新設しました。今回は、年賀状用の飾り付けです。ポニーのゲンキと一緒に、写真撮影ができます。
日 時:11月1日(金)と11月2日から12月23日までの土日祝日
1回目 13:30~14:00 2回目 14:30~15:00
場 所:ふれあいひろば (天候や動物の体調により中止の場合があります)
●干支の顔だし看板
午年用の記念写真撮影パネルを新設します。2人が顔を出して、かわいい写真が撮れます。
日時:11月1日から
場所:11月1日から4日は「ふれあい広場」。11月6日以降は「エントランス広場」に設置します。
●シマウマの実物大写真といっしょに写真を撮ろう
グレビーシマウマの等身大の写真パネルを、休憩舎に設置します。写真のモデルは、今年6月8日生まれのハッピー(メス)と母親のホタルです。このパネルと一緒に、楽しい写真を撮影してください。
日時:11月1日から
場所:アフリカの草原の休憩舎

コビトカバのオスの愛称募集について

コビトカバの写真平成25年11月1日から、コビトカバのオスの愛称募集を下記のとおり実施しますのでふるってご参加ください。
●応募方法:園内のコビトカバ舎に備え付けの応募用紙に、コビトカバのオスの愛称としてふさわしいと思うものを、5つの候補から選んで、応募してください。 応募は1人1点とし、住所、氏名(フリガナ)、電話番号などをご記入いただきます。
●募集期間:平成25年11月1日(金)から17日(日)まで。
●愛称の候補:①ポール(シンガポールから来園) ②カガヤキ(大切なオスの未来が輝くよう。メスのノゾミと新幹線つながり。) ③モモタロー(顔からあごにの部分がももいろ、たくましく育ってほしい) ④コタロー(小さいけれど元気な男の子) ⑤ヒカル(新幹線の「ひかり」から)
●愛称決定発表と命名式、賞品:平成25年11月23日(土)午前11時からコビトカバ舎において、命名者の代表者1名の方を、愛称命名式に招待し、名付け親賞として記念品を贈呈します。また同名の応募者全員から抽選で10名に参加賞を贈呈します。

コビトカバのオスの一般公開

コビトカバのオスの写真10月4日にシンガポール動物園からコビトカバのオス1頭がやってきました。そしてこの度、ようやく新しい施設にもなれたことから、10月19日(土)から一般公開することになりました。なお公開に先立ち、10月19日の9時から大型休憩所において記念式典を開催します。一般公開は記念式典の終了後からとなりますのでご注意ください。
年齢:2歳11か月(2010年11月1日シンガポール動物園生まれ)
大きさ:体長約1.5m、体重195㎏

カリフォルニアアシカの赤ちゃんを限定公開

の写真7月25日に生まれたカリフォルニアアシカの赤ちゃんを土曜日と日曜日、祝日に限って公開しています。公開時間は11時30分から16時30分までです。生まれた時の体重は8㎏でしたが、現在は約17㎏で展示室内のプールを元気よく泳ぎ回っています。

シセンレッサーパンダ 新ペア公開

オスのアクアの写真 メスのアヤメの写真 改修した展示場の写真"


10月12日(土)から新しく仲間入りしたシセンレッサーパンダ2頭(オスのアクア:市川市動植物園生まれの3歳、メスのアヤメ:周南市徳山動物園生まれの2歳)を「小動物プロムナード」にて公開を開始しました。 当分の間は、屋外展示場と室内展示場に1頭づつ展示する予定です。以前から飼育展示しているレッサーパンダのタンタン(オス12歳)とメロン(メス14歳)の2頭は、新しく改修した展示場に移って展示しています。

動物園フォトコンテスト作品展

フォトコンテスト作品展示会場の写真9月20日(金)から10月21日(月)まで、動物学習センター内展示ホールにおいて、動物園フォトコンテストの作品展示会を開催しています。会場には応募のあった85点すべての作品を展示中です。今回の最優秀作品に選ばれたのは、ゾウのサニーを撮影した「8ℓ」です。いしかわ動物園の動物たちの可愛い仕草や愉快な動きなど、一瞬を捉えた素晴らしい作品の数々をご覧ください。

ナイトズー2013 9月中の見所

ナイトズーの写真 ナイトズーの写真 ナイトズーの写真


●4日間通してのイベント(9月14日、15日、21日、22日)
①ユキヒョウのスカイ
今春、仲間入りしたユキヒョウの「スカイ」がナイトズーに初登場しますので、どんな行動を見せてくれるかご期待ください。
②グレビーシマウマとアミメキリンの赤ちゃんズ
「アフリカの草原」では、グレビーシマウマ(2013/6/8生まれ)とアミメキリン(2012/11/12生まれ)の赤ちゃんを同時に見ることができます。
③夜の特別お食事ガイド
・トラ 19:00~ 「ネコたちの谷」のトラ屋外展示場
・ライオン 20:00~ 「ネコたちの谷」のライオン屋外展示場「
・アシカ 19:30~/20:40~ 「アシカアザラシたちのうみ」
・コビトカバ 19:30~ 「カバの池」
④夜のふれあいタイム
「ふれあいひろば」では、ウサギのふれあいタイムを開催します 19:30~20:30 
⑤夜店などお祭りの雰囲気を演出します
「光の回廊」として、正面駐車場からゲートまでの通路と、調整池横の園路をLED照明を使って幻想的な雰囲気を演出します。夜店では、かき氷や焼きそば、光るおもちゃなどの販売もしますので、お祭りの楽しさをお楽しみください。
●日時限定の特別イベント
①工房ヒゲキタによるプラネタリウムの開催
9月14日(土)、15日(日)の2日間(18:30~)、大型休憩所において直径5.5メートルの手作りプラネタリウムを開催します。
②夕涼み音楽会(オカリナと自然楽器)の開催
9月21日(土)、22日(日)の2日間(18:30~)、大型休憩所において北川毅(那谷寺清水基金)さんによる、オカリナや世界中のいろいろな自然楽器を使った音楽会を開催します。

「ハッピー」に決定

ハッピーとホタルの写真7月13日から8月6日までの間、当園で初めて誕生したグレビーシマウマの赤ちゃんの愛称を募集しました。動物園で用意した5つの候補の中から投票してもらったところ1045票の応募があり、309票と最も応募の多かった「ハッピー」に決定しました。「ハッピー」という名前は、8日生まれ(はち日生まれ)で、幸せになってほしいという願いが込められた名前です。なお8月10日の午前11時から、「アフリカの草原」前におきまして、命名式を開催します。

ナイトズー2013 8月中の見所

ナイトズーの写真 ナイトズーの写真 ナイトズーの写真


●7日間共通の見所・イベント
8月10日(土)、11日(日)、17日(土)、18日(日)、24日(土)、25日(日)、31日(土)の7日間
①ユキヒョウのスカイ
今春、仲間入りしたユキヒョウの「スカイ」がナイトズーに初登場しますので、どんな行動を見せてくれるかご期待ください。
②グレビーシマウマとアミメキリンの赤ちゃんズ
「アフリカの草原」では、グレビーシマウマ(2013/6/8生まれ)とアミメキリン(2012/11/12生まれ)の赤ちゃんを同時に見ることができます。
③夜のアニマルステージ開催
大型休憩所にて、飼育員が生きた動物たちと一緒に登場して、楽しいガイドを行います。(どんな動物が登場するかは当日のお楽しみです)
時間:19:30から
④夜の特別お食事ガイド
・トラ 19:00~ 「ネコたちの谷」のトラ屋外展示場
・ライオン 20:00~ 「ネコたちの谷」のライオン屋外展示場「
・アシカ 19:30~/20:40~ 「アシカアザラシたちのうみ」
・コビトカバ 19:30~ 「カバの池」
⑤夜のふれあいタイム
「ふれあいひろば」では、ウサギのふれあいタイムを開催します 19:30~20:30 
⑥特別展「夜ふかしな動物たち」開催中
「動物学習センター」では、動物たちの夜の姿について、生体や標本、写真などをとおしてわかりやすく紹介しています。
⑦夜店など夏祭りの雰囲気を演出します
「光の回廊」として、正面駐車場からゲートまでの通路と、調整池横の園路をLED照明を使って幻想的な雰囲気を演出します。夜店では、かき氷や焼きそば、光るおもちゃなどの販売もしますので、夏祭りの楽しさをお楽しみください。
⑧浴衣でかき氷プレゼント
ゆかた姿でご来園された方に「カキ氷」をプレゼントします(甚平は除きます)。
入場口で「かき氷引換券」を配布しますので、対象店舗で交換してください。
・17時から20時までの間に来園された方で、先着100名様までとさていただきます。
●日時限定の特別イベント
①オカリナ倶楽部「九谷の風」のステージ
「大型休憩所」において地元のオカリナ演奏グループ、「九谷の風」のメンバーの方々が九谷焼の特製オカリナで懐かしい調べを奏でます。
開催日と時間:8月24日(土)の19:00からと20:00からの2回開催します。
●「ナイトズー臨時バス」の運行
北陸鉄道さんに「いしかわ動物園ナイトズー臨時バス」を運行していただくことになりました。金沢駅方面からお越しになる方のご利用をお待ちしております。
・運行日:8月中のナイトズー開催日
・運行時間:(行き)金沢駅東口8番のりば 17:50発(いしかわ動物園18:50着)
      (帰り)いしかわ動物園20:50発(金沢駅東口21:57着)
・バス運賃:金沢駅→いしかわ動物園 大人(片道)800円 こども(片道)400円
※特典:このバスでいしかわ動物園に来園された方には、入園料が100円割引されます。
※いしかわ動物園で2名以上乗降されると、大人の方のバス運賃が半額になります。
(詳細は北陸鉄道テレホンサービスセンター 076-237-5115へお問い合わせください。)

カリフォルニアアシカの赤ちゃん誕生

カリフォルニアアシカの赤ちゃんの写真平成25年7月25日(木)の午前3時50分に、カリフォルニアアシカの赤ちゃんが誕生しました。赤ちゃんの性別はオスで、体長は約70㎝、体重は8㎏で、母子ともに元気です。母親はショコラ(12歳、初産)で父親はクー(16歳)です。いしかわ動物園でのカリフォルニアアシカの出産は今回が2例目で、12年ぶりの赤ちゃん誕生です。今後は親子の健康状態を観察しながら、一般公開について慎重に進める方針です。
  

スバールバルライチョウの自然繁殖に成功

ライチョウの親子の写真7月18日16時頃、「ライチョウの峰」の展示場内で、6月26日から親鳥が抱卵していた卵から5羽のヒナがふ化しているのを、飼育員が確認しました。ヒナの体長は約5~6センチ、体重約14~15グラム。今のところ健康状態に異常はみられません。展示場では、メス親の後をついて歩くかわいいヒナ鳥たちの姿を見ることができます。スバールバルライチョウの自然繁殖の成功は、富山市ファミリーパークに次いで、全国で2例目となります。

特別展「夜ふかしな動物たち」開催中

特別展会場の写真7月17日から動物学習センターで特別展「夜ふかしな動物たち」を開催しています。夜に活動する動物たちについて、生体や剥製の展示、解説パネルなどを通してわかりやすく紹介しています。さらに、動物たちの夜のくらしを体感するための、夜の暗闇を再現したトンネル(暗室)もお楽しみください。
 開催期間:平成25年7月17日(水)~9月16日(月・祝)
 開催場所:動物学習センター 展示ホール
  

ニホンイヌワシのヒナ2羽が巣立ち

大日(左)とメス親(右)の写真 大日(手前)とオス親(奥)の写真 梯の写真

いしかわ動物園で初めて生まれた県鳥イヌワシのヒナは、7月11日までに2羽とも無事に巣立ちしました。2羽のヒナはともに止まり木と巣を行き来しており、まだしばらくは親鳥からの給餌を受けることになります。またヒナの愛称は、オスを石川県内の山岳名から大日(だいにち)、メスは石川県内の河川名から梯(かけはし)と名付けました。今後は10月いっぱいは親と同居しますが、その後は次の繁殖期を迎える親鳥との間に闘争が起こるため、予備室に収容して、他の施設への受け入れ先を探すことになります。

シマウマの赤ちゃん一般公開

シマウマの親子の写真7月13日からグレビーシマウマの赤ちゃんを一般公開し、赤ちゃんの愛称の募集をはじめます。愛称の受付は8月6日までの間、アフリカの草原前の休憩所で行いますので、備え付けの投票用紙を使って応募してください。愛称は「ジューン」「ジュリア」「ジャスミン」「ホタルコ」「ハッピー」の5つから選んでいただきます。なお愛称の発表と命名式は8月10日の11時に行う予定です。命名者の代表1名を命名式にご招待し、名付け親賞として記念品を贈呈するほか、同名の応募者全員の中から抽選で20名の方に参加賞を贈呈します。さらにゾウ・キリン舎内の観覧通路では、シマウマの誕生を祝した「応援メッセージコーナー」を設置しますので、皆様からの温かなメッセージをお待ちしています。

動物園写生コンクール入選作品展

動物園写生コンクルール入選作品展会場の写真4月1日から4月26日にかけて行いました「動物園写生コンクール」の入選作品展を開催中です。応募総数1050点の中から、日本動物園水族館協会会長賞1点、最優秀賞3点、優秀賞14点の作品が選ばれました。今年は1000件を超える応募がり、動物園で働く職員で審査をさせて頂きました。私たち職員にっとては毎日見慣れてるはずの動物ですが、意外な一面をとらえた作品にびっくりしてしまいました。
作品展は、7月15日(月)まで動物学習センターで行っていますので、是非お立ち寄りください。

環境月間展

環境月間展の会場の写真毎年6月は環境月間です。いしかわ動物園では開園以来、動物たちのフンを堆肥化するなど、環境にやさしい動物園としての取り組みを行ってきました。普段はあまり知られていない動物園の取り組みについて、写真や実物を使って、わかりやすくご紹介しています。「エコ」について興味のある方は、是非お立ち寄りください。また会場内では、地元の小学校の5年生が動物園の環境対策について調べた「環境新聞」も展示していますので、お見逃しのないように。
展示会場:動物学習センター 展示ホール
開催期間:6月1日(土)~6月24日(月)

ポニーの「ゲンキ」が仲間入り

ふれあいひろばに新たにポニーの「ゲンキ」が仲間入りしました。その名の通り元気で優しいオスです。長野県のスエトシ牧場からやってきました。天気の良い日には園内を散歩することもあります。みなさんゲンキに会いに来てください。

のみ牧場で展示中のゲンキ カメラに近づいてくるゲンキ 飼育係と散歩中のゲンキ

サバンナ動物写真展

サバンナ動物写真展の会場の写真アマチュア写真家の柳井由美氏は、1999年にケニアを旅行した際に野生動物の姿に心を打たれ本格的に写真をはじめたそうです。その後も何度かアフリカに通い、写真集「サバンナのある日」を出版しました。今回展示されている作品はケニヤやタンザニアの国立公園で撮影されたもので、ライオンやアフリカゾウなど、動物園ではお馴染みの動物たちの、ありのままの野生の姿を捉えたものです。
展示会は5月27日まで動物学習センターにて開催中です。

デカ物語

デカ物語の著者とデカの飼育係との写真58歳で長寿日本一となり、平成22年に死亡したカバの「デカばあちゃん」が、このたび一冊の本になりました。本の題名は「デカ物語」で、5月12日には著者であるあんずゆきさん自らの手によっていしかわ動物園に本が寄贈されました。頂いた本は、現在コビトカバの室内展示室にてご覧いただくことができます。また本のご購入を希望される方のために、動物園内にある売店「ダン」においてこの本の販売を行っていますのでご利用ください。

お気に入りの赤ちゃん投票の結果発表

ブラッザモンキーの赤ちゃんの写真 シロテテナガザルの赤ちゃんの写真 オオカンガルーの赤ちゃんの写真アカクビワラビーの赤ちゃんの写真 ワタボウシタマリンの赤ちゃんの写真 mimekirinn
の赤ちゃんの写真

過去最高のベビーラッシュの動物園で、3月23日から4月24日まで、お気に入りの赤ちゃん投票を実施しました。この投票は、人気の順位をつけるためのものではなく、来園者の方々に、「赤ちゃんに会って、よーく見て、笑顔になってほしい」ために実施しました。  投票総数は1,358票で、ブラッザモンキーが195票、シロテテナガザルが431票で、オオカンガルーが164票、アカクビワラビーが105票、ワタボウシタマリンが130票、そしてアミメキリンは333票という結果となりました。投票していただいた全員から抽選で30名に、無料招待券(大人子ども各1人セット)をお送りさせていただきました。このたびは赤ちゃん投票に参加いただき、ありがとうございました。

春のふれあいまつり

ユキヒョウの写真 ビオトープ観察会の写真 アシカの食事タイムの写真

● 5月5日は中学生以下無料開放
● ユキヒョウの「スカイ」公開開始。(4/27~)
   新しく仲間入りしたユキヒョウの一般公開をはじめます。「ネコたちの谷」の屋内展示場でご覧いただけます。但し動物の体調によっては展示できない場合もあります。
● 国民栄誉賞記念特別展示「松井秀喜さんといしかわ動物園」開催(4/27~5/6)
   国民栄誉賞受賞を記念して、松井さんが動物園に来園されたときの写真やサインを、動物学習センター内レクチャーホールで展示します。
● 春の特別アニマルステージ(4/27~4/29,5/3~5/4)
    大型休憩所の特設会場で、動物を間近で観察できるステージを開催します。(1回目は11:00~/2回目は13:30~)
● ヒツジの毛刈り実演(5/3)
    先着50名様にヒツジの毛のプレゼントもあります。(時間は10:00~11:00、場所はふれあい広場)
● 育てたい肥の無料配布(4/27)
    先着300名(希望者)の入園者に動物たちの糞などからつくった堆肥(5kg)を差し上げます。家庭菜園などの土壌改良や肥料として最適です。
● ビオトープ観察会(4/27~4/29,5/3~5/6)
    園内「メダカたちの池」にて水辺の観察会を行います。(午前11時から30分間)雨天の場合は中止します。
● おやつタイム(4/27~4/29,5/3~5/6)
    キリンに間近でおやつを与える体験ができます。(先着30名様、11:30と13:00から)
● 屋台村の開設(4/27~4/29,5/3~5/6)
    エントランス広場に特設テントを張り、グッズやファーストフードなどを販売します。動物の着ぐるみも、入園者をお迎えします。
● 無料シャトルバスの運行(5/3~5/6)
    駐車場の混雑が予想されるため、能美市役所周辺に臨時駐車場を設け、動物園行の無料シャトルバスを運行します。

イヌワシのヒナ誕生

イヌワシの両親の写真 秋田より運ばれてきた卵の写真 イヌワシのヒナの写真


4月5日に秋田市大森山動物園からイヌワシの卵2個を移送し、いしかわ動物園のペアに抱かせたところ、4月11日朝、担当者が監視カメラでふ化を確認しました。イヌワシのふ化はいしかわ動物園では初めてであると同時に、秋田~石川のような卵の長距離移動は初めての成功です。現在イヌワシの谷の観覧通路では、ヒナの様子を観察できるように監視カメラのライブ映像をモニターでご覧頂けるようになっています。

どうぶつ園のじゅうい

どうぶつ園のじゅういの写真いしかわ動物園では3月13日~5月6日にかけて特別展「獣医さんのお仕事」を開催しています。平成23年度より小学校の国語の教科書に「どうぶつ園のじゅうい」が掲載されたことから、関係する方々より動物園の獣医師への質問が多数寄せられています。今回の特別展はそうした疑問にも十分お応えできる内容となっています。現在開催中の特別展の解説や、仕事場等の見学会など、教職員を対象とした講演会を開催することに致しました。
●会場:いしかわ動物園 動物学習センター
●日時:平成25年4月21日(日)13時30分から14時30分
●参加資格:小学校の教職員の方限定で先着30名様(入園料が必要です)
●申し込み方法:電話で(0761-51-8500)お申込みください。

お気に入りの赤ちゃん投票

いしかわ動物園は、昨年の秋からベビーラッシュです。そこで来園者の方々にかわいい赤ちゃんに会っていただいて、お気に入りの赤ちゃん投票を開催することになりました。この投票は人気の順位をつけるためのものではありません。「赤ちゃんに会って、よーく見て、笑顔になってほしい」ために実施するものです。エントランスの投票所で、指定の投票用紙にお気に入りの赤ちゃんと、ご自分の住所氏名などを記入して、投票箱に入れてください。一人1枚投票することができます。
●募集期間:平成25年3月23日(土)~4月24日(水)
●発表:お気に入りの投票結果は、平成25年4月27日(土)に発表します。
●賞品:投票していただいた全員から抽選で30名に、いしかわ動物園の無料招待券(大人と子ども各1枚)をお送りします。なお抽選の結果は賞品の発送をもって代えさせて頂きます。

ブラッザモンキーの赤ちゃんの写真 シロテテナガザルの赤ちゃんの写真 オオカンガルーの赤ちゃんの写真アカクビワラビーの赤ちゃんの写真 ワタボウシタマリンの赤ちゃんの写真 mimekirinn
の赤ちゃんの写真

春休みのお知らせ

なかよしハウスの写真 メダカたちの池の写真 オニオオハシのクリアファイルの写真


●なかよしハウスがオープンしました
3月23日(土)からふれあいひろばにある「なかよしハウス」がオープンしました。モルモットやオカメインコ、イシガメたちとのふれあいをお楽しみいただけます。
●メダカたちの池がオープンしました
冬期間閉鎖していた、動物園内にあるビオトープ「メダカたちの池」がオープンしました。今、池の中ではアカガエルのふ化したばかりのオタマジャクシが、たくさん泳ぎ回っています。運が良ければギフチョウにも出会うことができるかもしれません。
●クイズラリー開催中
園内に展示している動物たちに関するクイズを行っています。クイズの参加者(3歳以上~中学生以下)には動物園特製の「オニオオハシのクリアファイル」をプレゼントしています。クイズラリーは4月4日まで開催します。

獣医さんのお仕事

3月13日から園内にて特別展「獣医さんのお仕事」を開催しています。動物園の獣医さんについては、小学校2年生の国語の教科書にも取り上げられていて、注目されているテーマでもあります。今回の特別展では写真や実際に使っている医療器具、標本などを使て分かりやすく紹介しています。動物病院は通常、来園者には公開していませんので、特別展会場内に診療室を再現してみました。白衣や聴診器も用意してありますので、獣医さんになったつもりで記念撮影をしてみませんか。
●開催期間:平成25年3月13日(水)~5月6日(月)
●会場:動物学習センター 展示ホール

白衣を着てで記念撮影する来園者の写真 麻酔銃体験コーナーの写真 会場内に展示されている標本の写真

ユキヒョウが来園しました

3月8日、ユキヒョウのオス「スカイ」が、多摩動物公園からいしかわ動物園にやってきました。8時間の長旅でしたが、食欲もあり、元気です。移送に先立ち、動物園の飼育担当者は多摩で研修を行い、園の施設については、既に寝室と室内展示場のエアコン工事を終えました。今、馴致作業に併せて、展示場のさまざまな工夫などの準備を更に実施しているところです。スカイの姿を見て、これまで以上に、力が入ります。公開日は、馴致の状況を見ながら後日発表しますのでお楽しみに。
●個体情報
名前(性別):スカイ(オス)
生年月日:2011年5月25日に多摩動物公園で誕生
両親:父親はシンギス(2000年10月13日にカザフスタンのアルマティ動物園より来園)、母親はマユ(1999年5月4日に多摩動物公園で誕生)
体格:体長は約1メートル、体重は約31キログラム
●展示などの予定
展示場は、ネコたちの谷の室内展示場と屋外展示場を使用します。展示場は、ヒョウとローテーションしながら使用していくことになります。また、気温の高い季節は空調設備のある屋内展示場が中心になる予定です。
ユキヒョウはヒマラヤの高山などにすむ絶滅危惧種で、飼育数も少なく、「種の保存」のために繁殖計画の推進に力を入れている動物です。今回はブリーディングローン(繁殖を目的とした動物の貸借契約)で移動することになったものですが、繁殖相手となるメスの導入は現在未定です。今後、種別調整者と相談しながら繁殖相手を探すことになります。

多摩動物公園から提供されたスカイの写真 到着翌日のスカイの写真 屋外展示場の前景の写真

「タツキ」ちゃんに決定

アミメキリンの命名式の写真2月9日の11時より、アミメキリンの命名式を行いました。昨年11月12日に誕生したアミメキリンの赤ちゃんの愛称を募集(1月2日~31日)したところ、488票の応募がありました。動物園で用意した5つの候補の中から最も多かったのは「タツキ」で、199票の応募がありました。そして抽選の結果、金沢市伏見台小学校の西嶋紗都子さんが命名者に選ばれました。応募された方々には、この場をおかりしてお礼申し上げます。

バレンタイン特別企画

エミューの羽のお守りの写真エミューの羽は2枚が根元でくっついて対になっていることから、「恋のお守り」としても人気があります。動物園ではバレンタインデーを前に、「バレンタイン特別お食事ガイド」を開催します。なお、このガイドに参加された方の中から先着10名の希望者に「エミューの羽のお守り」をプレゼントさせて頂きます。
●会場:オーストラリアの平原
●時間:14時から
●期間:平成25年2月9日(土)~2月11日(月)までの3日間

「どうぶつたちへ年賀状を送ろう」作品展

年賀状作品展会場の写真1月1日から7日にかけて募集を行った、「どうぶつたちへ年賀状を送ろう」に44点の応募がありました。動物園職員による審査と投票の結果、最優秀賞、優秀賞、アイデア賞、ファミリー賞など合計10件が選ばれました。それぞれ自分のお気に入りの動物たちに宛てた、アイデアいっぱいの作品をお送り頂きありがとうございます。応募されたすべての作品を、動物学習センター内展示ホールにて2月11日まで展示します。

合格応援カード

今年も受験生を応援するための「合格応援カード」をご用意しました。1月9日(水)~2月11日(月)までの期間、それぞれの場所で先着20名の希望者に配布します。
●「トキ展示映像コーナー」では9時から配布します。たくさんのトキが大空を飛ぶように、トキも受験生の「必勝=必翔」を応援しています。
●「サルたちの森」では13時30分のお食事ガイドの後に配布します。3頭の子どもを育てているシロテテナガザルの「サクラ」が、受験生に「サクラ咲く」の吉報がくることを願っています。
●ふれあいひろばの「カピバラ湯」では平日は14時50分(土・日・祝日は11時)の食事ガイドの後に配布します。カピバラたちが毎日「よい湯に入る」ことにあやかって、志望校に「余裕に入る」よう応援します。

トキのカードの写真 シロテテナガザルのカードの写真 カピバラのカードの写真

「アミメキリンの赤ちゃん」の愛称募集

アミメキリンの親子の写真1月2日から1月31日にかけて、アミメキリンの赤ちゃん(平成24年11月12日生まれ)の愛称募集を行います。応募は動物園のキリン舎内に備え付けの投票用紙に書かれている5つの候補の中から一つを選んで、必要事項を記入のうえ応募して下さい。命名者の代表者1名を、2月9日(日)に開催予定の命名式に招待し、記念品を贈呈するほか、同名の応募者全員から抽選で20名に参加賞を贈呈します。
●名前の候補:タツキ・ゴエモン・ジェロ・ノミ・ゴロウ
●参考資料:父親はジェブ(15歳)、母親はイザベル(14歳)、今回で5回目の出産

新春イベント

ヘビのぬけがらカードの写真 新春あそびのひろばの写真 どうぶつえん宝さがしの写真


 いしかわ動物園は、新年は1月2日から営業します。また1月2日(水)と1月3日(木)の二日間は「中学生以下入園無料」です。さらに1月2日から7日にかけて、新春ならでは楽しいイベントが盛りだくさんの動物園にぜひお越しください。
 

● 金運をもたらす「ヘビのぬけがらカード」をプレゼント
昔からヘビのぬけがらを財布の中に入れておくと、お金が貯まるといわれています。そんなありがたいカードを、期間中の毎日先着50名の入園者にプレゼントします
場所:入口券売所
期間:1月2日(水)~6日(日)
● あったかスープでお出迎え
毎日先着100名様にあったかスープをプレゼントします
場所:入口エントランス広場売店「ダン」横
期間:1月2日(水)~6日(日)
● 新春あそびのひろば開催
動物園ならではのオリジナル「羽根つき」「こま回し」「福笑い」などのお正月ならではの遊びで楽しみましょう。
場所:動物学習センター内レクチャーホール
時間:開園時間中であればどなたでも参加できます。
期間:1月2日(水)~7日(月)
● 新春どうぶつえん宝さがし
期間:1月2日(水)~7日(月)
中学生以下であればどなたでも参加できます。園内をまわりながら、秘密のことばを見つけ出してください。参加賞もご用意いたしました。