どうぶつえん日記

最新のどうぶつえん日記

トキ CNペアその後  1月24日

 12月20日の投稿でお話しした、トキのCNペアの続報です。10月末に新しくペアを形成し、12月上旬に互いに羽繕いをしているところが確認できた後、どんどん仲は深まり、2羽で過ごす時間が多くなりました。CNペアのメスは10歳でベテラン、オスは2歳で今回が初めての繁殖です。初めてのオスがどのようにメスと仲良くなるのか、とても気になっていたのですが、観察していると、メスの方から近寄っていき、羽繕いもメスからオスにしてあげていることが多く、やっぱり経験が豊富なんだなぁと感じました。しかし最近はオスからも同じようにメスに羽繕いをしてあげているところをよく見かけるようになり、ついに夜もそろって寝るようになりました。さらにオスがメスの背中に足を掛けようとしているところも数回見かけました。これは交尾行動をとりたいということなのですが、まだ上手にメスによけられてしまっていました。若いトキがこのように色々な経験をする姿や、2羽が親密になっていく様は見ていて発見も多く、嬉しく楽しいものです。これからも2羽を見守り、サポートしていきます。(足立 珠央)
トキペアの写真 トキペアの写真 トキペアの写真

グランが死亡しました 2023年1月20日

グランの写真   ワタボウシタマリンのグラン♂が2023年1月15日に死亡しました。18歳でした。 近年は、キーパースペースで飼育されていたのでお客様は見られませんでした。 高齢でしたが、その前日まで元気にエサを食べていたので、発見した時は驚きました。 ワタボウシタマリンの寿命は10~15年といわれています。飼育下では25年という記録もあるようです。 グラン♂は2008年にペロナ♀と一緒に京都大学霊長類研究所から当園にやってきました。2009年3月にはクリン♂が産まれました。 当園としては初の自然繁殖となり、お客様にも背中に仔を背負う様子もご覧いただけました。 時々、ペロナ♀とおんぶを交代するなど、子育てにも参加してくれました。 その後も、ペロナ♀との間に2009年12月にコロナ♀(後に人工哺育)と、ピンナ♀も産まれました。たくさんの子孫を残してくれてありがとう。 どうか安らかに眠ってください。(那須田 樹)

私は兎“大納言” 2023年1月2日

フレミッシュジャイアント「大納言」の写真   「春は、いしズー。やうやう若草萌えて、はねる兎も、いとをかし」。 私は、ふれあいひろば在住のフレミッシュジャイアント“大納言”。 清“少納言”より上の位として、『枕草子』を超える大作『いしズー草子』を執筆しようかなって思っているんだぁ。 念のため、私は女の子だよぅ。
  ところで、いしかわ動物園には、漢字の愛称がついている仲間が3匹いるけど、私以外の2匹が誰か、わかるかなぁ?  1匹は「サルたちの森」に、もう1匹は「ネコたちの谷」にいるから、会いにいってねぇ。 どちらも、女の子だよぅ。
  そうそう、私たち兎一族は、縁結びの動物としても知られているの。 遠いとおい昔の話だけど、隠岐島(おきのしま)に住んでいた私たちの祖先の“白兎”が海を渡って因幡国(いなばのくに:今の鳥取県東部)にお出かけした時に、 大国主(おおくにぬし)という神様と、八上姫(やがみひめ)との縁を取り持ったのよぅ。 もしもあなたに恋人がいなかったら、私の所にいらっしゃいな。 いい人が見つかるように、お祈りしてあげるから。
  世の中、まだまだコロナに染まっているけど、みんなで乗り越えましょうねぇ。 今年も、私といしズーを、どうぞよろしくお願いね。(大納言)

ユズ湯とカボチャのプレゼント  12月23日

 12月22日は冬至でした。一年で最も日が短いこの日は、ユズ湯に入ったり、「ん」のつく物を食べたりすると良いとされています。そこで、当園のカピバラたちに温かいユズ風呂に入ってもらいながら、美味しそうなカボチャ(ナンキン)を食べてもらうことにしました。カピバラたちがのぼせないよう、少しぬるめのお風呂に地元特産の国造ゆずを浮かべ、担当者が腕によりをかけ、電子レンジでチンした後にカピバラの形に成形したカボチャをセットして準備完了。外気温5℃という冬らしい天気にも恵まれ(?)たので、すぐにお風呂に入るかと思いきや、カメラを構えた私を警戒してか、なかなかお風呂に入ってくれません。ようやく入ったかと思えば、今度は自信作のカボチャに口を付けず…。どうやらレンジでチンしたカボチャはお気に召さなかったようで、担当者が後から与えた生カボチャを美味しそうに頬張っていました。思うようには行きませんでしたが、何はともあれ、この冬もカピバラたちが元気に過ごしてくれることを願っています。なお、当日の様子は公式SNSで紹介していますので、ぜひご覧ください。(南都)
Facebook https://www.facebook.com/ishikawazoo.official/videos/552311120245465
Twitter https://twitter.com/ishikawazoo_jp/status/1605813995612639234
かぼちゃの写真 カピバラ湯の写真 かぼちゃ食べるの写真

トキの新しいペアのおはなし  12月20日

  10月末に新しいトキのペア(繁殖を目的としたつがいのこと)の飼育がスタートしました。 元々当園で飼育をしていたAWペアのオスのみを佐渡へ返還し、 新たなオスを向かい入れ、CNペアが形成されました。AWペアは、9年間当園で繁殖に貢献し、 多くのヒナを育ててくれたので、担当者としてもそのオスが佐渡へ帰ることは感慨深いものがありました。 最近の調査で、野生のトキもペアを代えていることがわかってきたことから、飼育下でも繁殖成績の低下や、 高齢化、ペアの相性などで判断しペア交換をすることがあります。新しくペアとなったCNペアは、 お互いに距離をとりながら様子を伺い、近づいても1m程で、仲良くなるのにはどのくらいかかるかなぁと気にして観察していました。 しかし12月6日夕方、新人飼育員から、「仲良くしているところを発見しました!!」と報告があり、 2羽がくっついてお互いに羽繕いし合う姿が確認できました。これにはとてもうれしい気持ちになり、 今後がとても楽しみになりました。トキはつがいになると夜もそばで寝るのですが、 CNペアはまだ夜は別々で、お昼や夕方に一緒に居ることが少しずつ増えてきたところです。 また進展をお知らせしたいと思います。(足立 珠央)

サニー給餌器の写真 サニー給餌器の写真2
(写真左は11月初旬、写真右は最近です)