どうぶつえん日記

最新のどうぶつえん日記

サニーの採食時間を延ばす取り組み⑤  6月12日

  以前、サニーの採食時間を延ばす取り組みとして、消防ホースを吊るしてその中に固形飼料を入れて与えてみたが、 採食時間はあまり延びなかったという記事を書きました。そこで、今回は取手が壊れたバケツを使い、フィーダー(給餌器)を作りました。 バケツの横に穴を開け、中に固形飼料を入れました。バケツの中に傾斜をつけ、穴と反対側に固形飼料が貯まる仕組みにしました。 サニーは新規の物が苦手なので、以前吊るしていた消防ホースに似せるためバケツに消防ホースを巻きました。その甲斐あって、 サニーは初日から嫌がることなく触ってくれました。十分に慣れてから3回計測してみると、1.5kgの固形飼料を取り出すのに約12分かかりました。 同じ量の固形飼料をばらまいた時が約7分なので、少し採食時間を延ばせました。少しずつ難易度を上げるため消防ホースの長さを短くしたり、 穴を少し塞いでみたりしましたが、結果はあまり変わりませんでした。よく見るとサニーの振る力が強くてバケツの上から飛び出ていました。 サニーの鼻が届かない所まで転がっていくこともありました。そこで、蓋を取り付けたところ約19分まで延びました。良い感じだと思っていましたが、 次第に採食時間は短くなりバケツの中に残っている量が増えました。サニーにとって難しい難易度になっていたようです。 サニーにとっての「ちょうどいい難易度」にするのはなかなか難しいなと感じました。(小倉 康武)

サニー給餌器の写真 サニー給餌器の写真2

サニーの採食時間を延ばす取り組み④   6月3日

  今回は乾草の与え方の続きです。寝室には乾草を入れる箱の他に乾草を入れるネットも2つあります。1つは低いネットでサニーが普通の体勢で鼻を上げれば届きます。もう1つは高いネットで、左前肢を上げ少し後肢を曲げた体勢で取るネットです。低いネットは3回計測し平均39分でした。床に置いた乾草は約36分で食べきるので、そこまで採食時間は延びません。高い方は平均40分でこちらもあまり延ばせませんでした。そこで、もっとギリギリ取れる高さにしようと思い、サニーの鼻先がギリギリ届く高さまで上げました。これで採食時間は延びるだろうと思っていましたが、サニーは1週間試して最初の1回しか取りませんでした。夕方、ネットに入れた乾草が翌日そのまま吊るされているという日が続き、ネットの高さを上げることは止めました。サニーにとっては厳しすぎたようです。採食時間は延ばせませんでしたが、鼻を上げることで筋トレにはなるかなと思っています。ちなみに、屋外展示場で同じようにすると、採食時間はさほど変わりませんが採食量は半分になります。サニーは砂が付いた乾草は好みません。ネットから取って直接口に運べば砂も付かずに食べられるのに、ネットから取った乾草を床に置いて、ある程度集めてからまとめて口に運びます。昔からの癖というか、食べ方のこだわりがあるのは、分かりますがちょっともったいないなぁなんて思ったりもします。(小倉 康武)
サニーの写真 サニーの写真 サニーの写真

1歳になりました!  5月28日

 5月28日にアミメキリンのジャジャマルが1歳になりました。 生まれたばかりは約1.8m(写真左)の大きさでしたが、今では約3m(写真右)、展示場のフェンスの上からひょっこり顔を出せるほどまで成長しました。
 好奇心が強い性格で、一緒に展示場にいるホオジロカンムリヅルを追いかけたり、たまにシマウマに近づきすぎて怒られたり、元気いっぱいです。 母親であるマリから少し離れて、展示場を一頭で歩く様子もよく見られるようになってきました。
 一方、見慣れないものや人に対して少し慎重になるのは、母親であるマリに似ています。 私も担当となってしばらくの間、警戒されてしまい、名前を呼んでもなかなか近づいてこない日もありました。  まだまだ子供っぽい様子もありますが、ゆくゆくは父親であるジャンプに負けず劣らずの立派なオスへと成長していってほしいと期待しています。
 ジャジャマル1歳おめでとう!!(木村元大)
生まれたばかりの頃の写真 寝室での写真 最近の写真

サニーの採食時間を延ばす取り組み③  5月24日

  今回は乾草の与え方です。当園では、チモシーというイネ科の乾草を与えています。乾草は圧縮されて1梱包20kg~25kgくらいのものが2週間に1回12梱包ほど搬入されます。この乾草を1袋4kgに分けて与えます。3回計測したところ、4㎏の乾草を床に置いて与えると平均36分で食べきりました。この採食時間を延ばすために、サニーの寝室には乾草を入れる箱が2つ設置されています。大きい方の箱に入れて与えると、平均35分で食べきりました。採食時間はたいして変わりません。小さい方の箱に入れると、平均62分でした。こちらは、そこそこ採食時間を延ばすことができました。しかし、採食時間が延びているということは、サニーにとってはそれなりに取りにくいということなので、途中で取るのを諦めることもあります。また、乾草の圧縮具合、サニー好みの乾草かどうかによっても採食時間が変わります。私としては小さい箱の乾草を諦めずに食べてくれることが望ましいので、サニーが好みそうな乾草は小さい箱に、あまり好まなさそうな乾草は大きい箱に入れるようにして、採食時間が少しでも延びるようにしています。(小倉 康武)

サニー給餌器の写真 サニー給餌器の写真2

けんきゅうのおはなし  4月27日

  動物園の役割の一つに「調査・研究」があります。動物たちが快適に暮らせるように、日々考え、実行し、記録し、共有することは、動物園にとっての大切な使命です。2019年9月にトラのジャムが死亡しました。調査の結果、「甲状腺原発扁平上皮癌」という珍しい病気であることが分かりました。この内容を日本動物園水族館協会が開催する動物園技術者研究会で発表し、論文として雑誌に掲載されました。死亡した動物たちに私たちができることは、動物たちが教えてくれたことを、今生きている命に活かすことだと考えています。ジャムが教えてくれたことが、世界中にいるトラたちの健康の一助になれば幸いです。(動物病院 千葉 友章)

ジャムの写真 掲載証の写真